yakolog

40代主婦の、自分のこと、家族のこと。好きな言葉は「合理的」

MENU

ブックレビュー「お金のこと何もわからないままフリーランスになっちゃいましたが税金で損しない方法を教えてください!」

とりあえず本のタイトル長すぎない?

 

確かに(笑)実際に読んでみたら、本当にタイトルそのままの内容だったよ。これから個人で稼いでいきたい人は絶対に知っておいた方がいいことが、やさしく読みやすくまとまっているよ。

 

ところでそういうあなたはフリーランスなの?

 

全然稼げていないけど毎年確定申告している残念な主婦です(ToT)

 

1. 確定申告って難しいからできるだけ先延ばしにしたいと思っている人におすすめ

本業副業問わず「ブロガー」「イラストレーター」「YouTuber」など個人で稼ぎたい、もしくは稼ぎ始めている場合、確定申告が必要になります。

でもまだそんなに稼げていないし、そもそも確定申告ってよく分からなくて「とりあえず20万越えなければやらなくてもいいらしい」とスルーしている人もいるかもしれません。
ところでそのスルーはいつまでするんでしょう?
自分がどんな状況になったら確定申告をすればいいのか知っておいた方が安心ではないでしょうか?
年間20万どころか100万くらい稼いでも税金を払わなくていい方法があるなら知りたくないですか?
その方法、この本に詳しく書いてあります。

2. 確定申告のやり方を調べる前に読むべき本

私が初めて確定申告をしようとした時もまず本を買いました。
ひとりでできる確定申告、というようなタイトルだったと思います。

ところが…読んでみても全然意味が分からない(T-T)

それもそのはず、こういう本は「書類の記入例」みたいなもので、この欄に〇〇を記入してくださいとは説明があるけれど、それがどういう意味かはあまり詳しく書いていないからです。

そこでネットでも調べてみるのですが「そもそも確定申告とは…」みたいなところから始まって、確定申告が必要な人の条件とか確定申告の期間とかが出てきます。
いやいや、知りたいのはそういうことじゃないんだけどな、と思うんですが肝心の知りたいことをうまく見つけられませんでした。

というか知りたいことが何なのかも分かっていない状態でした。

この本の中にも「わからないことがわかりません」というセリフがあるんですが、まさにそんな感じです。

f:id:yakomoo:20210527162249j:plain

そんな「わからないことがわからない」人でも理解できるように、この本ではやさしく楽しく説明してくれています。
自分が初めて青色申告をするときにこの本があったらどんなに良かっただろうと本当にそう思います。

これだけのことを知るために、迷子になったり何が正解か分からずモヤモヤ状態だったりと、ずいぶん遠回りをしてきたからです。

そんなかゆいところに手が届いている本だからこそ、Amazonで「確定申告」と検索すると一番上に出てきます。
個人で収入を得ている人が確定申告を始めるとき、一番初めに知るべき内容がここにちゃんとまとまっています。ガチでおすすめです。

3. サラリーマンの確定申告と違うところ

フリーランスでなく会社員でも確定申告をしたことがある人はいると思います。
家を買った場合は、銀行が用意してくれた書類と、会社が用意してくれた書類(源泉徴収票)。
医療費が多くかかった場合は、医療費等の領収書と、やはり会社が用意してくれた書類(源泉徴収票)。
こういった必要書類さえあれば、あとは指示通りに確定申告書に数字を記入するだけでした。
これは必要書類を関係各所が用意してくれていたからです。ありがたい。

3-1. 青色申告決算書を作らないといけない

でも個人事業の場合、自分の所得を計算するところ、つまり源泉徴収票にあたるものを自分で作らなければいけません。
それが青色申告決算書です。
つまりフリーランスの確定申告は、まず青色申告決算書を作ってから確定申告書を作るという2段階になっています。
私は最初それが分かっていなかったために、確定申告の手順の全体像が見えず迷走していました。

ちなみに、個人事業で気になる「経費」を計上するのも、この青色申告決算書です。
どこまでが経費になるのか?という素朴な疑問についても、本の中で大河内先生の考え方が明確に書いてあります。

3-2. フリーランス社会保険でも節税できる

フリーランスでは会社員と違って、社会保険料についても自分で払わなければいけません。
高いけど仕方ないから払っている、なのにその分を節税できることを知らずに損している人、いないでしょうか?
会社員であれば会社にお任せだったため自分では見落としがちなことも、この本の中でちゃんと説明してくれていてとても親切です。

もし控除しそびていた人は、次の確定申告では絶対に忘れないようにしましょう。

f:id:yakomoo:20210527162257j:plain

4. 難しい言葉がいっぱい出てくる?でも大丈夫!

初めて確定申告をしようとした時、うまく調べられなくて苦労したと先に書きました。そして実は、同じように困っている人はたくさんいるのではないかと思っています。
その最大の理由は「使われている言葉が分かりにくいこと」と「細かい情報が多くて全体像が把握しにくいこと」ではないでしょうか。

文字だけで表現されていると、訳の分からない言葉がうじゃうじゃと羅列されている状態です。
さっと読んでみても概要がさっぱりつかめない、だから自分が調べていることが何なのかもよく分からない。

「控除」なんて意味の分からない言葉、確定申告を分かりにくくしている主犯格だと個人的には思っています。

f:id:yakomoo:20210527162309j:plain

それがあんじゅ先生の「マンガ」のおかげでイメージがわきやすく、スラスラ読めるようになっているんです。

確定申告に関する本を笑いながら読めるなんて、こんなうれしいことはありません。


最初の部分をちょこっと読んだときは正直、マンガがごちゃごちゃしすぎてる?と思ったんですが、読み進めているうちにそんなことはない!ちょうどいい!と印象が変わりました。
なぜなら読み進めていくほどに情報量が多くなるから。

★引用
もしこういった情報が文字の羅列で書かれていたら、本を閉じてしまう人が続出するでしょう。というか私だったらそうします((^^;;
難しくて面倒な内容も、途中で離脱せずに最後まで読み切ることができるように工夫されているので、楽しく読んでいるうちに自然と理解できてしまいます。

5. この本だけで青色申告は完了するか?

とても分かりやすいこの本ですが、これ1冊で確定申告が完了するかというとそれはちょっと厳しいです。

ではそのあとどうするかというと、会計ソフトを購入(契約)する必要があります。

5-1. 会計ソフトの購入が必要

会計ソフトの使い方は当然ソフトによって異なるので、その詳細についてはこの本には書いてありませんが、おすすめのソフトについては記載があります。

大河内先生おすすめの「インストール版やよいの青色申告」も「マネーフォワードクラウド」も私は使ったことがありますが、今はマネーフォワードを使っています。

何を使うかは完全に個人の好みなので、私がマネーフォワードを使っている理由は別の記事に書くことにします。

まだ個人での収入がない人はまだ会計ソフトを買わなくても、この本を読むだけで大丈夫だと思います。

5-2. 会計ソフトの使い方を勉強する

会計ソフトを使うのが初めての場合、ここが一番苦労するところかもしれません。

それには次の2つのことを区別しておく必要があります。

①この本に書いてあることを理解する=書類に記入する内容を知る(例:電話番号を調べる)

②会計ソフトの使い方を覚える=書類に記入する方法を知る(例:電話番号欄に番号を記入する)

電話番号が分からないのに、電話番号欄に記入することはできません。

逆に電話番号が分かっていれば、記入欄を指示してもらえれば番号を記入することができます。

私が初めて会計ソフトを使おうと思ったとき、そもそも①が分からないのか②が分からないのか自分で区別がつかなくて、画面の前でフリーズしていました(笑)

当時の私がこの本を読んだことがあれば、もうちょっと楽に①→②に移行できた気がします。

分かりにくくて恐縮ですが、これが会計ソフトを使う前にこの本を読んでおいた方がいいと私がおすすめしたい理由です。

5-3. 必要であれば簿記3級を勉強する

上記の①→②をもっとスムーズにしたい場合、簿記3級を勉強してみるのもいいと思います。

でもこれはブックレビューと全然関係ない内容になってしまうのでこの記事では割愛します。

会計ソフトの入力ができるようになれば青色申告決算書は完成します。

そうすればもう確定申告の8~9割は終わったようなもので、そのあとの確定申告書もこの会計ソフトでそのまま続けて作ることができます。

これを提出してやっとフリーランスの確定申告(個人の青色申告)の完了です。

ここまでをまとめると

フリーランスの確定申告は決算書が必要

・決算書作成に会計ソフトが必要 ←会社員の確定申告では不要

・会計ソフトを使うには、ソフトの使い方と入力すべき内容、両方の理解が必要

・この本を読めば入力すべき内容の概要が分かる

となります。

 

まとめ

この長~いタイトルの本「お金のこと何もわからないままフリーランスになっちゃいましたが税金で損しない方法を教えてください!」のブックレビューも長~くなってしまいましたが、まとめると

・個人で稼いでいきたいと思っている人は、今現在、収入がなかったとしても読んでおくのがおすすめ!

青色申告をしたいけどやり方が分からなくて困ってしまった人は、まずこの本を読んでから会計ソフトを使えるようにするのがおすすめ!

・確定申告のやり方を調べたけど難しすぎて挫折してしまった人でも、マンガで楽しくサクサク読めちゃうのでおすすめ!

・すでに確定申告をしたことのある人でも知らなかったことがあるかもしれないのでおすすめ!