yakolog

40代主婦の、自分のこと、家族のこと。好きな言葉は「合理的」

MENU

白髪染めからの卒業

40代で髪色をアッシュグレーに染めています。
理由は、白髪がとても多いから。

20代の頃から白髪がありましたが、その頃は見つけてはプチプチ抜いていました。1人目の子を産んだタイミングで一気に増えて、仕方なく白髪染めをするようになりました。
30歳で白髪染めデビュー(TT)

そこから約10年経ち、白髪は更に増え、2週間くらいで伸びてきた根元の白い線が目立つようになりました。
根元に白髪染めを塗るので、同じ所ばかり何度も何度も地肌が薬品にさらされます。これを2~3週間に一回しなければいけません。こんなことしてたらハゲるんじゃない?と本気で思いました。

気になるから染めたい、けど染める間隔はちょっとでも伸ばしたい、という葛藤でかなりのストレスでした。染めてもストレス、染めなくてもストレス。
これが1ヶ月に1~2回やってくる。

あと何年こんなこと続けるんだろうとうんざりしているうちに、濃い色に染めるから伸びてきたところが目立つんだ、髪全体をグレーに染めれば伸びてきたところが目立たないんじゃないかと考えるようになりました。


その頃、美容院ジプシーをしていた私は、行く先々の美容師さんに髪色のことを相談しましたが一様に難色を示されました。
(難色を示される理由もこの後だんだん分かってくるのですが、この時はまだ分からず、みんな全然親身になってくれないことに不満を感じていました…)

インナーカラーを勧めてくれた美容師さんもいましたが、そうじゃないんです。別におしゃれのためにカラーしたいわけではないんです、派手にして目立ちたいわけでもないんです。
ただ単に伸びてきた白髪が目立たない髪色にしたいんです(TT)

私があんまりにもグチグチ言っているので面倒になったのか「それならみんな自分でカラートリートメントでやってますよ。ドンキとかに売ってますよ」と教えてくれた美容師さんがいました。

それから検索しまくり、カラーバターやマニパニの存在を知った私は、自分で染めてみることにしました。
ここから私のセルフカラーの実験の日々が始まりました。

セルフでできるグレーカラーの白髪染めはこちらのサイトをご覧ください。